遂に?ジャニーズ、Amazonなどでジャケ写の表示を一部解禁、驚きの声が続々

シェア数 アイコン 169

遂に?ジャニーズ、Amazonなどでジャケ写の表示を一部解禁、驚きの声が続々

ジャニーズといえばネット上で本人達のビジュアルが公開されていないことが有名ですが、Amazonなどの通販サイトにおいてジャニーズのCDジャケットなどのビジュアルが解禁され始めているようです。これは大きな変化だ……。

ネット上にジャニーズ所属アーティストのビジュアルが!

Johnnys 1
Johnnys 2
右:マガジンハウス / anan 2017年8月9日、左:光文社 / 女性自身 2017年8月22日・29日合併号

Amazonや楽天などオンライン通販サイトで8月初旬から、ジャニーズ所属アーティストのCDジャケットが解禁され始めていると話題を集めています。

これまで、CDやDVDジャケット、雑誌などで表紙を飾っても電子書籍版は「白抜き」で表示されていたジャニーズ所属アーティスト。全てが解禁されたというわけではないようですが、一部の商品についてジャケ写のヴィジュアルが表示されていることが確認できます。

ネット上では「字のやつじゃなくて普通のジャケ写になってる」「硬く閉ざされていた扉が開きつつある?」など、驚きの声が続出。また、「次の革命は何かな」といった、今後の変化に期待する声もあがっているようです。

「嵐」から「関ジャニ∞」、「少年隊」までヴィジュアル解禁?

「少年隊」「嵐」「TOKIO」「Kinki Kids」「V6」「関ジャニ∞」「Hey! Say! JUMP」「NEWS」「Sexy Zone」「Kis-My-Ft2」……と、ジャニーズの顔をネット上で見ることができるのは、まだ少し違和感がありますね。