神田沙也加の結婚パーティーで夫・村田充がマスコミのカメラで右目負傷 → 2人の神対応に称賛の声

シェア数 アイコン 90

神田沙也加の結婚パーティーで夫・村田充がマスコミのカメラで右目負傷 → 2人の神対応に称賛の声

@JUNP_Nです。神田沙也加さんが5月13日、都内で村田充さんとの結婚パーティーを開催。神田沙也加さんはTwitterで、詰めかけた報道陣のカメラで村田さんが右目を負傷、車も傷だらけになったと報告し、ネットでは批判が殺到。ですが、その後の2人の対応が「神対応」だったと称賛の声があがっています。

神田沙也加「人生で大切なこの日、笑顔で終わりたかった」「とても怖かった」

Kandasayaka wedding party

IMAGE:Twitter

神田沙也加さんが4月26日、自身のInstagramで村田充さんとの結婚を報告。5月13日には、それぞれのブログでハワイでの挙式も報告し写真を公開。

 

sayakakandaさん(@sayakakanda)がシェアした投稿

村田充さんはブログで「報道にあったような披露宴をやる予定は元々なく、仲の良い友人だけでカジュアルなパーティをやります」「報道の皆さま。どうか、ご協力とご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。お願い申し上げます」と、報道陣へ配慮をお願いしていました。

ですが、結婚パーティーが行われた5月13日。パーティー会場には報道人が多数押しかけ、神田沙也加さんはTwitterで報道陣に「このままでは中止になってしまいます、どうか今日はご理解をお願いします」と呼びかけていました。

村田充さんも同日、神田沙也加さんと同じタイミングで「マスコミの皆さまへ」というブログを公開。報道陣に対し、協力を呼びかけていました。

パーティー会場前にお集まりのマスコミの皆さま。近隣のご迷惑となっております。私たちはこの日を楽しみに、たくさんの準備をして参りました。親しい方のみを招いたプライベートな会なのです。どうかご理解ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

結婚パーティー終了後、神田沙也加さんはTwitterで「人生で大切なこの日、笑顔で終わりたかったです」と苦言。また、報道陣のカメラで村田充さんが右目を負傷したと報告。

さらに、「車が傷だらけで涙が出そうです」「とても怖かったです」と明かし、Twitterでは報道陣に対して批判の声が殺到しています。

Twitterでは「ひどすぎる」「マスコミの在り方を見直して欲しい」と、報道陣を批判する声が多数。また、「どうせこのツイートはマスコミでは取り上げないんだろうな」といったコメントも寄せられています。

結婚パーティーに参加していた、脚本家・演出家の松澤くれはさんも自身のTwitterで「これが報道の自由ですか。そうですか。取り返しつかない」とマスコミを非難していました。

マスコミに対し怒りこそありそうな本人達は「神対応」、ネットでは称賛の声

親しい方のみでのプライベートな結婚パーティーのはずが、報道陣が殺到。右目を負傷させられ、車も傷だらけと、報道陣に対して怒りの感情が出てもおかしくないところですが、神田沙也加さんと村田充さんは報道陣に対して「大人」の対応をしています。

神田沙也加さんはTwitterで「お足元が悪い中、報道の皆様も長時間にわたってお待たせいたしました。明日からの毎日を一歩ずつ積み重ねていきます」と投稿。

この投稿に「神ですか?あなたは」「報道陣に謝らなくてもいいと思うのに」「色々あった報道関係者にもこの大人のコメント…流石です」と、神対応を称賛する声が寄せられています。

村田充さんも「ご心配おかけしました」とブログを更新。右目の負傷は、触れるとまだ痛みはあるといいながらも、「もう平気だと思います」と報告。

さらに「寧ろカメラのレンズに傷が入っていないか心配ですね」と、カメラのほうを気遣う神対応を見せています。