Webサービスのショートカットを一覧表示できるChrome拡張機能「Macro」

シェア数 アイコン 84

Webサービスのショートカットを一覧表示できるChrome拡張機能「Macro」

利用中のアプリケーションのショートカット一覧を表示してくれるMacアプリ「CheetSheet」のように、利用しているWebサービスのショートカット一覧を表示してくれるChrome拡張機能「Macro」がリリースされました。

Webサービスで使えるショートカット一覧を表示してくれるChrome拡張機能

macro-1
Macro

ショートカットが使えるなら、作業効率のためにも全力で使っていきたい!と思っています。日常的に使うことの多いGoogleやYouTubeなどWebサービスにも、実はショートカットが設定されています。

そんなWebサービスで使えるショートカットを、パッと一覧にして表示してくれるChrome拡張機能が「Macro」です。

Macroの公式サイト、もしくはChrome ウェブストアから拡張機能を追加。追加後、Alt + /でショートカット一覧が表示されるようになります。

「Macro」を使ってWebサービスのショートカット一覧を表示させてみる

例えばGoogle検索で「Macro」を使ってみると、こんなショートカット一覧が表示されます。覚えておくと捗るショートカットがたくさん……!!

macro-google
Google検索で使えるショートカット

Facebookメッセンジャーでも……

macro-Facebook
Facebookメッセンジャーで使えるショートカット

YouTubeでも……

macro-youtube
YouTubeで使えるショートカット

GitHubでも……

macro-github
GitHubで使えるショートカット

現時点では上記で紹介した「Google」「YouTube」「Facebookメッセンジャー」「GitHub」の4つに加え、「Slack」「Dropbox Paper」「Wonderlist」に対応しています。

MacroのソースコードはGitHubで公開されており、ショートカット一覧を表示したいWebサービスはJSONファイルを追加されることで増えていきます。

かなり便利なChrome拡張機能なので、是非お試しください!Macで利用中のアプリのショートカット一覧を表示してくれる「CheetSheet」も要チェックです。