任天堂、スプラトゥーン2で謝罪 フェスのマッチング問題「サーバー設定で誤り」

シェア数 アイコン 38

任天堂、スプラトゥーン2で謝罪 フェスのマッチング問題「サーバー設定で誤り」

任天堂は21日、人気ゲーム「スプラトゥーン2」で5月19日〜20日に開催されたフェスでマッチングの設定に誤りがあったと謝罪しました。次回のフェスでは修正されるとのことです。

「キティ強すぎ」スプラ2、フェスのマッチングに批判相次ぐ

splatoon-2-fess-matching
画像はスプラトゥーン公式Twitterより

Nintendo Switchの人気ゲーム「スプラトゥーン2」で、5月19日〜20日に開催されていたフェス「どっちがかわいい? ハローキティ vs シナモロール」において、マッチングがおかしいと批判の声が相次いでいました。

通常ではプレイヤーの強さを示す「フェスパワー」が同程度の相手とマッチングするようになっていますが、今回のフェスでは「ハローキティ」派のほうがフェスパワーが高く、「シナモンロール」派はフェスパワーが低い、というマッチングが多発。

プレイヤーからは「キティ強すぎ」「ここまでマッチングがクソなフェスはもうこれ以上やりません」などといった声がネット上に多くあがっていました。

フェスの結果は得票率ではシナモンロールが優勢でしたが、ソロ勝率・チーム勝率はハローキティが上回り、2-1でハローキティが勝利しています。

任天堂「サーバー設定の変更の誤り」があったと謝罪

任天堂は21日、この問題を受けスプラトゥーン公式Twitterアカウントでフェスでのマッチングに問題があったことを報告。サーバー設定の変更に誤りがあり、「両方の陣営で本来よりもフェスパワーの差が大きい相手と対戦することがありました」と説明しています。

また「この問題は、次回のフェスでは修正されます」とし、「ご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした」と謝罪しました。