意識してないだけで流行語は他にも?「#流行してない語大賞」が謎の盛り上がり

シェア数 アイコン 39

意識してないだけで流行語は他にも?「#流行してない語大賞」が謎の盛り上がり

11月7日、毎年恒例となっている「2018年流行語大賞」の候補が発表されましたが、Twitterでは「#流行してない語大賞」が盛り上がりを見せていました。それ何?って言葉から、たしかにって言葉まで色々登場しています。

本当の流行語大賞は「平成最後の◯◯」!? 「いっそ流行してない語大賞決めようぜ」→Twitterで大盛り上がり

ryukoushitenai

毎年高齢となっている「ユーキャン新語・流行語大賞」の2018年ノミネート・30語が発表されました。今年は「おっさんずラブ」「そだねー」「ひょっこりはん」などがノミネートされています。

その年に話題になった言葉から選ばれる流行語大賞。2017年は「忖度」「インスタ映え」が年間大賞に選ばれ、2016年は「神ってる」「ゲス不倫」などが大賞に選出されていました。

フロクロ(Frog96)さん(@2r96)は「『本当の流行語大賞は”平成最後の○○”だろ』というツイートをいくつか見かけて膝を打った」といい、「意識に上らない流行語は他にもあるかもしれない」と、「もういっそ流行してない語大賞決めようぜ!!!!!」と提案。Twitterで大きな盛り上がりを見せています。

「存じ上げnot」「こーとーわーらーぬ」など、流行ったのか話題になったのか微妙な言葉が続々

Twitterでは「#流行してない語大賞」のハッシュタグが誕生では面白い言葉が続々と投稿されていますが、本当に使われているのか、ただ思いついた面白ワードなのかわからないレベル。

実際に使われていたとしても、おそらく極小範囲の身内だけだろ!と見られるワードが多い中、2年前に話題になった「存じ上げnot」やお笑い芸人のノンスタ石田さんが参戦して自身のネタ「こーとーわーらーぬ」なども投稿されていました。

でも、たしかに「平成最後の◯◯」はよく見かけた気がしますし、ふざけてよく使っていた気がしますね。