今秋登場のMacBook Pro 16インチは、新しいキーボードを採用かーー2020年にはすべてのMacBookが切り替え

今秋登場のMacBook Pro 16インチは、新しいキーボードを採用かーー2020年にはすべてのMacBookが切り替え

Appleが2019年秋に発表すると噂されている「MacBook Pro 16インチ」では、バタフライ構造のキーボードからシザー構造のキーボードが採用される可能性があります。Appleの情報に詳しいTF International Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が伝えています。

次期MacBook Pro 16インチからシザーキーボードに切り替え?

Apple-MacBook-Air-and-MacBook-Pro-update-graphics-screen-070919

Appleが今年10月に発表すると噂されている「MacBook Pro 16インチ」では、新しい構造のキーボードが採用される可能性があると、TF International SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏が伝えています。

現行のMacBookシリーズでは多くの問題が発生したバタフライ構造のキーボードが採用されていますが、新しく信頼性の高いシザー構造のキーボードに切り替えられるということです。

Kuo氏はこれまで、今秋登場するMacBook Airから新しいキーボードへの移行が開始され、2020年にはMacBook Proシリーズでも移行が開始されると伝えていましたが、新たな予測で修正した形だ。

シザー構造のキーボードは、熱やホコリなどで壊れにくくなるといい、耐久性が向上。現行モデルよりもわずかに厚みが増すが、ほとんどのユーザーは違いがわからないレベルだという。

「MacBook Pro 16インチ」の登場は台湾メディアでも

MacBook Pro 16インチ」が今秋登場するという情報は、先日も台湾メディア・経済日報も報道。有機ELディスプレイではなく、LG製の液晶ディスプレイになると伝えられていました。

経済日報はMacBook Pro 16インチは15インチモデルに置き換えられると伝えていましたが、Kuo氏のレポートでは16インチが新たに追加され、15インチは存続することが示唆されています。

このことから、MacBook Pro 16インチはより上位のモデルになる可能性もありそうです。