「JC ・JK流行語大賞2019」発表、モノ部門は「ハンドクラップダンス」ーー2020年トレンド予測には「中華メイク」「Charge Spot」など

「JC ・JK流行語大賞2019」発表、モノ部門は「ハンドクラップダンス」ーー2020年トレンド予測には「中華メイク」「Charge Spot」など

女子中高生向けのマーケティング支援などを手がける株式会社AMFは11月30日、女子中学生・高校生「2019年の流行語大賞」「2020年のトレンド予測」を発表しました。2019年の流行語「ヒト部門」では「Official髭男dism」、モノ部門では「ハンドクラップダンス」などが選ばれています。

jcjk-trend-2019-1
JC・JK流行語大賞2019

女子中高生向けのマーケティング支援などを手掛けるAMFが、「JC・JK流行語大賞2019」「2020年JC・JKトレンド予測」を発表しました。

ヒト部門では2019年に大活躍した「Official髭男dism」が1位に。2位には「横浜流星(俳優)」、3位にはYouTuberの「フワちゃん」が選ばれています。

ヒト部門・1位に選ばれた「Official髭男dism」

ヒト部門・2位に選ばれた「横浜流星」

ヒト部門・3位に選ばれた「フワちゃん」

モノ部門では、Fitz and the Tantrumsの楽曲「Handclap」にあわせてダンスを踊る韓国人YouTuberの動画が話題となり、2週間で-10kg痩せると注目された「ハンドクラップダンス」が1位。

2位には韓国の人気オーディション番組「PRODUCE101 JAPAN」、3位には「ハンディファン」、5位にはAbemaTVで放送された「オオカミちゃんには騙されない」がランクイン。

モノ部門・1位に選ばれた「ハンドクラップダンス」

モノ部門・2位に選ばれた「PRODUCE101 JAPAN」

モノ部門・5位に選ばれた「オオカミちゃんには騙されない」

アプリ部門では盛れると話題のカメラアプリ「SODA」が1位。女子中高生の愛では、標準カメラで撮影するのはマナー違反になるほど浸透しているのだそう。2位には先日も話題にったカメラアプリ「SNOW」の「そっくり診断」がランクイン。3位には「LINE Pay」、5位には「Uber Eats」が選ばれています。

SODA ソーダ Natural Beauty Camera
SODA ソーダ Natural Beauty Camera
カテゴリ
写真/ビデオ, ライフスタイル
販売元
SNOW INC.
SNOW スノー
SNOW スノー
カテゴリ
写真/ビデオ
販売元
SNOW INC.
LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
LINE Pay - 割引クーポンがお得なスマホ決済アプリ
カテゴリ
ファイナンス, ライフスタイル
販売元
LINE Pay Corporation
Call of Duty®: Mobile
Call of Duty®: Mobile
カテゴリ
ゲーム, アクション
販売元
Activision Publishing, Inc.
Uber Eats のお料理配達
Uber Eats のお料理配達
カテゴリ
フード/ドリンク, ライフスタイル
販売元
Uber Technologies, Inc.

コトバ部門・1位には泣き声の「ぴえーん」を省略化した「ぴえん」が選ばれ、2位にはTikTok内でタピオカにストローをさす時の掛け声として人気となった「べびたっぴ」がランクイン。

3位は乾杯の意味で使われる「KP」、4位は「3150」(さいこー)、5位には「匂わせ」が選ばれています。

「2019年 JC・JKトレンド予測」、中華メイクやCharge Spotがトレンドに?

jcjk-trend-2020-1
2020年JC・JKトレンド予測

あわせて発表された「2020年 JC・JKトレンド予測」では、ヒト部門で「末吉9太郎」が注目されています。またアーティストからは「SIRUP」が急上昇。TikTokでの仲良し動画が人気の「なこなこカップル」が4位に選ばれています。

モノ部門では赤リップに濃いアイライナーを使用するのが特徴の「中華メイク」が1位に。2位にはネットプリントを指す「ネップリ」、3位には人気のカラーコンタクトレンズ「カンナロゼ」がランクインしています。

アプリ部門ではゲームアプリ「第五人格」が1位に、4位には街中で見かけることも多くなってきたモバイルバッテリーシェアサービス「Charge Spot」。コトバ部門では中華圏のインフルエンサーを指す「網紅」が1位。3位は「397」(サンキューな)などが選ばれています。