Appleシリコン登載MacBook、2021年後半にデザイン刷新か

Appleシリコン登載MacBook、2021年後半にデザイン刷新か

Appleシリコン(M1)を登載したMacBookは既存のデザインが据え置かれて発売されましたが、2021年後半には新しいデザインに刷新したMacBookが登場する可能性があります。Appleの情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏が明らかにしました。

Appleシリコン登載MacBook、2021年後半にデザイン刷新か

Appleは2021年後半、Appleシリコンを登載したMacBookのデザインを刷新する可能性があります。Appleの情報で信頼性の高いアナリストMing-Chi Kuo氏が明らかにしました。

最初のAppleシリコン(M1)登載MacBookは、既存デザインの据え置きで登場しています。AppleはPowerPcからIntelに変更された際も、最初のモデルはデザインは据え置かれていました。

Appleシリコンを象徴するデザインを採用したMacBookの登場か

M1チップ登載の新型MacBookのデザインについて、Macお宝鑑定団のDANBO氏(@idanbo)は、YouTubeチャンネル「Gadgetouch」で、「Appleのプロダクトデザインは洗練されて高いレベルにあり、デザインを置き換えることは容易ではない」と指摘し、「コロナの影響で筐体のデザインを大きく変える意味が見いだせなかった」と解説。

ITジャーナリストの松村太郎氏(@taromatsumura)も、「現在のデザインは完成されていて、4年間変わっていないのに3割増で売上が伸びているのは、デザインが間違っていないという証明でもあるため、変える必要がなかった」とコメントしています。

MacBook AirはIntelに変わったからこそできた薄型デザインだったため、来年か再来年までの間に、Appleシリコンに変わったことを象徴するデザインが登場することは期待できる」「Appleシリコンだからこそできるデザインや新しく狙うカテゴリがあるはず」と予測しています。