【iOS 15】Safariのアドレスバーを上に戻す方法、下にあるメリットは?

【iOS 15】Safariのアドレスバーを上に戻す方法、下にあるメリットは?

「iOS 15」ではSafariが大幅に機能強化され、サイトURLが表示される「アドレスバー」がデフォルト設定で下に変更されています。従来の上表示に戻す方法や、下にある場合のメリットについて説明します。

「iOS 15」Safariのアドレスバー位置が変更

ios-15-safari.jpg

「iOS 15」ではSafariが大きくアップデートされ、スタートページやタブ一覧ページのデザイン変更などが行われています。

体感として一番の大きな違いは、サイトURLなどが表示される「アドレスバー」の位置が下に変更されたという点です。従来は上に固定でしたが、「iOS 15」では上か下か選択することができます。

Ios 15 tips safari 1Ios 15 tips safari 1 2
左:iOS 15のSafari、右:iOS 14のSafari

iOS 15ではアドレスバーのデフォルト設定は下です。アップデート直後は慣れないため違和感をおぼえる人もいると思いますが、アドレスバーは従来の「上」表示に変更することも可能です。

アドレスバーの位置を変更する方法は2つ。

1つは、Safariのアドレスバー左にある「あ」と書かれている場所をタップすると表示されるメニューから「上のアドレスバーを表示を選択する方法。

2つ目は、設定アプリから「Safari」を開き、タブの項目から「シングルタブ」を選択する方法です。

Ios 15 tips safari 3Ios 15 tips safari 4
アドレスバーの位置を変更する方法

下に表示されるアドレスバーは「タブバー」という機能があり、アドレスバー(タブバー)を横スワイプすることで、タブの移動をすることができます。

スワイプでのタブ移動は、アドレスバーが下表示になっている場合のみ有効な機能。横スワイプでの移動をしたい場合は、タブバーを有効にする必要があります。

drip公認バリスタ