AppleのMRヘッドセット、OSの名称が「xrOS」に変更されたそうです

AppleのMRヘッドセット、OSの名称が「xrOS」に変更されたそうです

2022年12月4日

Appleが2023年に発表すると予測されているMRヘッドセットについて、OSの名称が「realityOS」から「xrOS」に変更されたと、Bloombergが伝えています。

Appleのヘッドセットに搭載されるOSは「xrOS」に

apple-headset-2.jpg
デザイナーのIanZelboによるレンダリング

Appleの情報に高い信頼性のあるBloombergのMark Gurman記者によると、Appleは最近、MRヘッドセットに搭載するOSの名称を「realityOS」から「xrOS」に変更したそうです。匿名の関係者からの情報として伝えています。

AppleはAR/VRヘッドセット(MRヘッドセット)を開発中で、早ければ2023年に発表する可能性が伝えられています。

これまでの情報から、ヘッドセットに搭載されるOSの名称は「realityOS」になると確実視されていました。その理由としてAppleがApp Storeのアップロードログでうっかり「realityOS」という名称をリークしてしまったこと、「realityOS」の商標出願がされているという背景がありました。

しかし、Mark Gurman記者の最新情報では「xrOS」に変更されたとのこと。さらに「xrOS」もまた全世界で商標出願が行われているようです。

XRはクロスリアリティという読まれることが多く、一般的にAR、VR、MR、SRなど、現実世界と仮想空間を融合させた、新しい体験の総称として使われています。

最新の予測では2023年に発表されるとされていますが、個人的には懐疑的に見ています。

Mark Gurman氏は、11月の時点で「コンテンツの開発を強化している」と伝えていましたが、たしかにヘッドセット発表時に利用できるコンテンツは重要です。

ヘッドセット発表時にAppleが自社で用意するコンテンツは複数存在するでしょうが、多くのコンテンツを用意するにはデベロッパーが参入しないことには難しいでしょう。

デベロッパーへ情報開示されるタイミングを考えると、2023年6月のWWDCになる可能性は高そうですし、そこからデベロッパーが開発を始めたとして、2023年中にコンテンツが出揃うとは考えにくいです。

そうなると、ヘッドセットの存在は2023年に発表するけど、発売となるのは2024年以降と考えたほうが現実的な気が……。

そんなこと言いながら、あっさり2023年に発売されちゃうかもしれないですけどね。個人的には2024年後半と予測されている、Appleの「ARメガネ」のほうが期待大です。

drip公認バリスタ