ピクトグラム文化の振興を目指す!第2回「Pictathon(ピクタソン)」が11月2日に開催!

pictathon_vol_2

@JUNP_Nです。エンジニアが制限時間内で技術を競い合う「ハッカソン」と、多くの場所で見かける「ピクトグラムを組み合わせたイベント名。つまりはクリエイターさんが制限時間内でピクトグラムを作成して競い合うという刺激的なイベントの第2回が開催されます!


「Pictogram × Hackathon」=「Pictathon(ピクタソン)」

@kazzwatabe氏と@visual_times氏が主宰する「Pictathon(ピクタソン)」というイベントの第2回が開催されます。

2013年7月27日に第1回が開催され、今回が第2回の開催。非常口のマークやボタンのスイッチなど、様々なところで用いられているピクトグラム。見た人が誰もがそれをイメージするようにピクトグラムを作成するのは想像しただけでも、もの凄く大変そう。

それをハッカソン形式で約1時間程度の時間制限を設けて、競っていくというイベント。優勝者にはiPad miniが進呈されるそうです。開催日は11月2日となっているので、もしかしたらiPad mini 2に変更されたりするかも?

第2回 Pictathon

日時:2013年11月2日(土) 14:00〜19:30

場所:co-ba [email protected]

募集要項

  • イベント参加費:1000円(当日お支払いいただきます)
  • 2013年11月2日(土)に会場であるco-ba libraryに来れる方
  • イベント開始から終了まで会場にいられる方(審査員もやっていただくため途中退場はお控えください)
  • 当日ご自身でノートパソコンをご持参いただける方
  • ピクトグラム、アイコンの制作経験がある方
  • Adobe IllustratorやPhotoshop、Fireworks等でピクトグラムを制作するスキルがある方
  • 参加可能人数は30人、先着順ではなく応募内容により審査を行い参加者を決めさせていただきます
  • 参加者募集は2013年10月26日(土)まで行い、その後審査の上折り返しご連絡差し上げます
  • 年齢・性別等は問いません

「Pictathon(ピクタソン)」はブロック戦が行われ、その後決勝戦が行われるという形式。

ちなみに第1回でのピクトグラムのお題は以下の様な感じ。

Aブロックへのお題

3つの国「日本」「アメリカ」「フランス」

Bブロックへのお題

3つの施設「水族館」「美術館」「動物園」

決勝戦へのお題

「保存」「削除」「ホーム」

ただし「フロッピーディスク」「ゴミ箱」「家」のモチーフは禁止。

さらにブロック戦では手書きイラストでOKだったもが、決勝戦ではコンピュータで仕上げまで行ったようです。

Pictathone 第1回レポートはこちら

興味のある方は是非エントリーしてみてください!

Pictathon – Pictogram × Hackathon「ピクタソン」 / 2013年11月2日に第2回開催決定!

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング