「MERY」復活は11月21日、ネットは喜びの声が広がる

シェア数 アイコン 43

「MERY」復活は11月21日、ネットは喜びの声が広がる

2016年に問題となったDeNAが運営するキュレーションメディア問題で休止されていた、女性向けメディア「MERY」が11月21日より再開されることが発表されています。

女性向けメディア「MERY」が遂に復活、小学館との新たな記事制作体制

mery-1

2016年に問題となったDeNAのキュレーションメディア騒動で休止されていた、女性向けメディア「MERY」が11月21日より再開されることが発表されています。

既に発表されていたとおり、MERYと小学館との新しい他記事制作体制で作られることを改めて発表。「記事制作体制とフロー」について、詳細が発表されています。

新たな記事制作体制は「MERY公認ライター」(株式会社MERYが採用面接を行い、教育・研修を受けたライター)が行い、一般ユーザーからの投稿記事は一切取り扱わないとのこと。

また、旧「MERY」に掲載されていた記事も一切使用しないことも明言。さらに、すべての記事を「校閲」「編集部」で二重チェックを行なった後に公開するとしています。

mery-3

なお、サイトは既に公開されており、MERYはスマートフォン向けアプリ(iOS、Android)で配信されるとのこと。

mery-2

旧「MERY」の中心メンバーは既に退職しているということもあり、新「MERY」がこれまで支持されていた旧「MERY」をユーザーの期待通りに復活させることができるのか、動向に注目が集まります。

新「MERY」が掲げるビジョンは「女の子の毎日をかわいく」、ミッションは「『好き』に出会える、『好き』を届けられる世界をつくる」としています。

復活の報せにTwitterでは「MERY」がトレンド入り、喜びの声が続出

「MERY」が再開されると報じられると、ネットでは「ずっと待ってた!」「復活嬉しい!!!!!」といったMERY復活を喜ぶ声が続出。Twitterではトレンド入りするほどの反響が寄せられました。

mery

なかには「1年近く時間があったのに、誰もMERYのポジション奪えなかったね」といった指摘も。たしかにMERYの代わりになるサイトは複数ありましたが、MERYほど支持されるサイトはにはなっていなかったかも?