「Apple Music」と「iTunes Match」の最大の違いは楽曲ダウンロード時のDRM制限

@JUNP_Nです。「Apple Music」と「iTunes Match」の違いがわかりにくい。どちらも「楽曲をダウンロードする」という同じような機能を有しているので、何がどう違うのかユーザーが非常にわかりにくい仕様になっています。調べて見るとかなり大きな違いがありました。

Apple Musicからダウンロードした楽曲はDRM制限があるため、他のアプリケーション等での使用は不可能

Apple MusicもiTunes Matchも「楽曲をダウンロードする」という機能がありますが、何がどう違うのかわかりにくいですね。Appleの公式サイトでも、別のサービスで補完的な関係にあると説明がされていますが、具体的なことは何も説明されていません。

Apple MusicはiTunes Matchと連係しますか?

はい。Apple MusicとiTunes Matchはそれぞれが独立したものですが、補完的な関係にあります。

via:Apple – Music – メンバーシップ

Apple music

Apple Musicは「Apple Music内の音楽を聴き放題」「Apple Music内の音楽をiCloudミュージックライブラリにダウンロード可能」というところが大きなところ。

iTunes Matchは「iTunesライブラリにある楽曲をiCloudミュージックライブラリとマッチさせ、他のiOSデバイスでも試聴可能にする」「iCloudミュージックライブラリとマッチした楽曲はダウンロード/ストリーミング再生が可能」という機能です。

同様の機能になるのが「楽曲をダウンロードすることができる」という点ですが、Appleの公式サイトに記載されていませんが大きな違いがあります。それがDRM制限です。

DRMとは、デジタルデータとして表現されたコンテンツの著作権を保護し、その利用や複製を制御・制限する技術の総称。

via:DRMとは|デジタル著作権管理|Digital Rights Management – 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

Apple Musicから楽曲をダウンロードする場合

  • Apple Musicで提供されている楽曲であればダウンロード可能
  • DRM制限がかかりApple Musicでしか試聴不可

Apple music drm 1

iTunes Matchから楽曲をダウンロードする場合

  • 自分が所持している楽曲でiTunes MatchでiCloudミュージックライブラリでマッチしていればダウンロード可能
  • DRM制限はかかっていないため、CDに焼いたり、他のアプリケーションでの利用が可能

Apple music drm 2

大きな違いとして「Apple Musicからダウンロードした楽曲はDRM制限がある」ということなので、現時点では残念ながらApple Musicからダウンロードした楽曲を他のアプリケーションでの利用や再生はできません。

「Apple Music」で提供されていない楽曲をストリーミング再生するには「iTunes Match」が必要

またiTunes Match独自の機能としてApple Musicで提供されていない楽曲をストリーミング再生することが可能です。

iTunes Storeで購入した楽曲やCDから取り込んだ楽曲をiTunes MatchでiCloudミュージックライブラリにマッチさせることが必要になりますが「他のデバイスでのストリーミング再生」「他のデバイスでのダウンロード」が可能になり、他のアプリケーションでも利用可能なDRMフリーなデータになります。

Apple Musicの使い方 まとめてます

「Apple Musicの使い方」を少しずつまとめていっています。順次公開予定です。

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング