iPhoneからEvernoteに簡単にWebクリップできるアプリ『EverWebClipper for Evernote』を試してみた

2011年11月27日 シェア数 アイコン 162

iPhoneからEvernoteに簡単にWebクリップできるアプリ『EverWebClipper for Evernote』を試してみた

@JUNP_Nです。あまりiPhoneからブラウザでサイトを見るということは少ないのですが、これを機に少し見なおしてもいいかな?と思えたアプリ「EverWebClipper for Evernote」の紹介です。

EverWebClipper for Evernote 1.0(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Toc – Shingo Tokubuchi(サイズ: 1.2 MB)
全てのバージョンの評価: (5件の評価)

iPhoneからのWebクリップが使えるようになると便利だった

今まではInstapaperなど「後で読む」系のサービスに送ったり、Twitterでつぶやいたりしていましたが、新たにEvernoteに送っておくという選択肢が増えました。

EverWebClipper for Evernotの準備

EverWebClipper for EvernoteからEvernoteにログインしておきます。

everwebclipper_1

こんな感じ。ユーザー名とパスワードを入力。

everwebclipper_2

手順の通りに、下記のコードをブックマークに登録。たったそれだけ。

everwebclipper_3

EverWebClipper for Evernoteを使ってみる

設定できる項目がいくつかあります。まずはクリップを送る先のノートブックの選択。

僕は基本的に全てのノートはinboxに入れてから分別したいので、inboxへ。

everwebclipper_4

続いて、タグ。デフォルトでは「EverWebClipper」となっていますが、変更が可能です。もちろん複数のタグ選択も可能です。

everwebclipper_5

クリップするスタイルも「シンプル」「スタイル付き」「URLのみ」の3種類から選べます。

everwebclipper_6

具体的にどんな感じにクリップがされるのか、試しに男子ハックの記事をクリップしてみました。

以下の画像が「スタイル付き」でクリップした場合。iPhoneからのクリップなのでiPhoneで見た画面と同じモノがクリップされます。

PCから見るにはあまり意味がないかなーという感じですが、かっこいいスマートフォンサイトをクリップしたい時には良いですね。

everwebclipper_9

続いて「シンプル」でクリップしたのがこちら。

スタイル付きと違って、PCからもテキストが読みやすくクリップできました。読み物系の記事をクリップする時にはこちらのほうがいいかもしれません。

everwebclipper_8

使い所は色々とあると思います。EvernoteへWebクリップの方法を模索している方はお手軽で便利ですよ。

EverWebClipper for Evernote 1.0(¥85)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Toc – Shingo Tokubuchi(サイズ: 1.2 MB)
全てのバージョンの評価: (5件の評価)