【保存版】iPhoneのバックアップを確実に行う方法

シェア数 アイコン 449

【保存版】iPhoneのバックアップを確実に行う方法

@JUNP_Nです。iPhoneが壊れてしまった、起動しない、修理に出したらデータが消えてしまった。そんな時でもバックアップがあればiPhone内のデータをほぼ全て復元させることができますが、バックアップ方法によっては復元できないデータも存在します。確実なバックアップ方法は覚えておいたほうがいいですよ!

iPhoneのデータを確実にバックアップしておきたいなら「Mac(PC)」から暗号化してバックアップ

Iphone backup

「iPhoneが壊れた」「データが消えた」そんな悩みを相談されることが多いのですが、そもそもバックアップはちゃんとしていますか?なかには買ってから一度もMac(PC)と繋げたことがないという人もいるようです。

以前にも紹介したとおり、何も考えずにiPhoneをバックアップしている人は「iCloud」もしくは「Mac(PC)にバックアップ」をしているかと思いますが、このバックアップデータではLINEのトーク内容など一部のデータは復元することができません。

LINEのトーク内容など、iPhone内のデータを出来る限りバックアップしておきたいという人は「iPhoneのバックアップを暗号化」というチェックをいれてバックアップをしましょう。

Iphone backip 1

「iPhoneのバックアップを暗号化」で同期すると、パスワードを設定することになるので絶対に忘れないように!この際に設定したパスワードを忘れてしまうと、せっかくのバックアップが無駄になってしまうので要注意です。

バックアップはiPhoneを接続して同期するか「今すぐバックアップ」を選択すれば作成されます。面倒くさいという人は毎日の充電をMac(PC)にするという習慣をつけるのがオススメです!

あわせてチェック!iPhoneの裏技・小技がよりどりみどり!