iPhoneでGoogle日本語入力が使える!? キーボードアプリ「ワードライト」

シェア数 アイコン 189

iPhoneでGoogle日本語入力が使える!? キーボードアプリ「ワードライト」

@JUNP_Nです。iPhoneでもGoogle日本語入力が出たらいいのになと切望している人もいるはず。現時点での選択肢はGoogle日本語入力のオープンソース版「Mozc」を採用したキーボードアプリを利用するしかありません。これまでMozcを採用したキーボードアプリを使ったことがなかったので試しに利用してみました。

オープンソース版Google日本語入力「Mozc」を採用したキーボードアプリ

Wordlight

今回試してみているのは「ワードライト」というキーボードアプリ。アプリの説明欄にある特徴としては以下の9つが挙げられています。

  1. 日本語の類義語変換
  2. Google日本語入力、サジェスト変換
  3. 関連語検索
  4. 小さな幅寄せキーボード
  5. 文節変換と擬似インライン
  6. フリックで単語、定型文を表示
  7. 定型文をユーザー辞書に登録
  8. キーボードサイズを変更
  9. カーソル移動、絵文字、顔文字

今回一番重要なのは「Google日本語入力」がちゃんと使えるのかという点。この点については「Google日本語入力のサジェストAPIを利用し正確に日本語を変換し、最新の固有名詞も一発で変換します」と書かれています。

結論から言うと、数日間使ってみた感想として「Google日本語入力すげー!」という感動はあまりなく、それよりも単純に「キーボードアプリとして便利」という感想でした。(意味ない)

キーボードアプリ「ワードライト」の便利なポイント

特に便利だなと感じる点は「カーソル位置の移動などキーボードとしての機能」「ユーザー辞書」「幅寄せキーボード」など。

「おはよ」と入力すれば、関聯した「顔文字」が多数表示されますし、「←」「→」のボタンを押せばカーソル位置を簡単に移動可能。絵文字も絵文字キーボードなど使わずにサッと選択できて便利。

Wordlight 2 Wordlight 3

「幅寄せキーボード」を使えば、iPhone 7 Plusなど大きいiPhoneを使っている人はフリック入力が楽になります。

使い所は限られますが、「類義語変換」では、「おーけー」と入力すると、「OK」だけでなく「同意」「承認」など多数の選択肢がでるのもすごい。

Wordlight 4 Wordlight 5

ユーザー辞書は「辞書ライブラリー」から選択して追加することができ、よく使うユーザー辞書はキーボード上部に表示させておくことも可能です。

Wordlight 7 Wordlight 6

かなり高機能なのですが、驚くべきは個人開発をされているアプリだという点。企業がリリースしているアプリほどのサポートは難しいかもしれませんが、なかなか痒いところに手が届くアプリになっています。

標準のキーボードとは勝手が違う部分が多いので「慣れ」は必要ですが、興味のある方は是非どうぞ!

ちなみに、Googleから「Gboard」という「キーボードからググれる」アプリが既にリリースされていますが、記事公開時では日本語には未対応(DLは可能)です。

ワードライト - 日本語・類語キーボード

ワードライト – 日本語・類語キーボード