iPhone Xを強制再起動(リセット)する方法

2017年11月11日 シェア数 アイコン 55

iPhone Xを強制再起動(リセット)する方法

iPhone Xが動かなくなってしまった場合など、不具合が生じた際に必要になる「強制的な再起動」の操作方法をご紹介します。iPhone XはこれまでのiPhoneとは違い、強制再起動の方法が新しくなったので覚えておきましょう。

iPhone Xの強制再起動が必要なのはどんな時?

iphone-x-reset
強制再起動はめったに使わないけど覚えておくべき!

いざという時のために覚えておきたい「iPhone Xを強制的に再起動する方法」ですが、いったいどんな時に強制再起動が必要になるのでしょうか。

想定されるのは「iPhone Xがフリーズしてしまった(画面が固まって動かなくなった)」「アプリをインストール/アップデート時に”待機中”から動かなくなってしまった」といった場合。

こういった不具合が発生した際、多くの場合はiPhone Xを強制再起動することで解消されます。

iPhone Xを強制的に再起動(リセット)する手順

実際にiPhone Xを強制再起動する手順は3ステップです。簡単な操作ですが、iPhone 7以前とは手順が変わっているので覚えておきましょう。iPhone 8、iPhone 8 PlusもiPhone Xと同じ手順で強制再起動をすることができます。

ステップ1:iPhone Xのボリュームボタン「+」を1回押して放す

iphone-x-reset-1
ボリュームを上げるボタンを押す

まず、iPhone Xの本体左側にある「音量を上げるボタン」を1度だけ押して放します

ステップ2:iPhone Xのボリュームボタン「ー」を1回押して放す

iPhone-x-reset-2
ボリュームを下げるボタンを押す

つづいて、同じようにiPhone Xの本体左側にある「音量を下げるボタン」を1度だけ押して放します

ステップ3:iPhone XのサイドボタンをAppleのロゴが出るまで長押し

iPhone-x-reset-3
サイドボタンを長押し

最後は、iPhone Xの本体右側にある「サイドボタン」(スリープさせる時に押すボタン)をAppleのロゴ(リンゴマーク)が表示されるまで長押しします。Appleのロゴが表示されたら放しても大丈夫です。

Appleのロゴが表示された後、しばらくするとロック画面に戻ります。再起動後はFace IDを使ったロック解除はできないので、パスコードでロックを解除してください。