「iPhone Xのディスプレイは劣化する」Appleが”残像”や”焼き付き”を抑える使用方法を解説

シェア数 アイコン 74

「iPhone Xのディスプレイは劣化する」Appleが”残像”や”焼き付き”を抑える使用方法を解説

iPhone Xに搭載された有機ELディスプレイ(OLED)は「Super Retina ディスプレイ」と呼ばれ、High Dynamic Range(HDR)にも対応した、素晴らしいディスプレイ。ですが、長期間の仕様により劣化が見られるケースもあることをAppleが解説しています。

iPhone Xの美しい「Super Retina ディスプレイ」は劣化する

iphone-x

iPhone Xは有機ELディスプレイ(OLED)を採用した美しいディスプレイ「Super Retina ディスプレイ」が搭載されています。このディスプレイは色の再現度も高く、特にコントラストが最高。

High Dynamic Range(HDR)にも対応しているので、黒いところは”より黒く”、白いところは”より白く”再現してくれます。

そんな「Super Retina ディスプレイ」ですが、長期間の使用で劣化することがあるとAppleは説明しています。具体的には「残像」や「焼き付き」など、画面に新しい画像が表示された後も前の画像が長い時間表示されてしまうというもの

iPhone Xのディスプレイを劣化を抑えて使う方法

Appleは「残像」や「焼き付き」の低減についても”業界最高”を目指したとしていますが、より長持ちさせるために、ユーザーが配慮すべきポイントを解説しています。

iPhoneの「iOS」を最新のバージョンにアップデートする

最新のiOSを利用することで、より最適化された状態でiPhoneを利用できます。

設定アプリの一般ソフトウェア・アップデートからアップデートを確認できます。

ディスプレイの明るさを自動的に調整するように設定する

iPhone Xのディスプレイを周囲の明るさにあわせて自動的に調整することが有効です。

設定アプリの一般アクセシビリティディスプレイの調整明るさの自動調整から設定が可能です。

この機能はiPhone Xの初期設定では有効になっています。別のiPhoneからデータ移行している場合は、前のiPhoneの設定のままになっている可能性もあるので要確認です。

iPhone Xを使っていない時には、ディスプレイをオフにする

ディスプレイに長時間同じ画面が表示されていることが「残像」や「焼き付き」の原因になります。iPhone Xを使っていない時にはディスプレイが自動的にオフになるように設定しておくことが有効です。

設定アプリの画面表示と明るさ自動ロックを確認し、iPhone Xが自動的にロックされる時間を調整しておくとよいそうです。

長時間同じ画面を表示し続ける場合は、画面の明るさを暗くする

繰り返しになりますが、iPhoen Xで同じ画面を長時間表示し続けることは「残像」や「焼き付き」の原因になるため、注意が必要です。

どうしても、静止画像を長時間表示し続けなくてはいけない場合はディスプレイの明るさを一時的に可能な限り暗く(低く)設定するように案内しています。