次期「iPhone SE」が発売される可能性は低い、発売されてもマイナーアップデート

シェア数 アイコン 46

次期「iPhone SE」が発売される可能性は低い、発売されてもマイナーアップデート

KGI証券のアナリスト・Ming-Chi Kuo氏が、次期iPhone SE(iPhone SE 2/仮称)について、2018年に発売される可能性は低いと予測しているそうです。理由は「開発リソースの不足」としています。

2018年に「iPhone SE 2」は発売されないかも……。理由は「開発リソースの不足」

iPhone-SE-1

Appleの情報に定評のあるKGI証券のアナリスト・Ming-Chi Kuo氏が、次期「iPhone SE」(iPhone SE 2)は2018年に発売される可能性は低い予測しています。

同氏の予測では、Appleは2018年に登場予定の「第2世代 iPhone X」「iPhone X Plus」など3つの新機種の開発だけで手一杯になってしまうため「開発リソース」が不足し、「iPhone SE 2」の開発にまで手が回らないためとしています。

仮に発売されたとしても、ワイヤレス充電などには非対応

なお、同氏は「iPhone SE 2」が発売されないと断定しているわけでなく、仮に発売されたとしても廉価版モデルである「iPhone SE」にはワイヤレス充電などは搭載されず、マイナーアップデートになると予測しています。

Appleは2017年9月のスペシャルイベントで「iPhone X」「iPhone 8」シリーズを同時に発表しましたが、「iPhone X」の発売は11月と遅れてしまったことも「開発リソースの不足」と指摘しており、同じ過ちをしないように「iPhone SE 2」に開発リソースは割かれないとしています。