「iPhone SE 2」は背面にガラス素材、名機「iPhone 4」を再現か

2018年1月10日 シェア数 アイコン 65

「iPhone SE 2」は背面にガラス素材、名機「iPhone 4」を再現か

次期「iPhone SE」(仮称:iPhone SE 2)は、本体の背面はiPhone XやiPhone 8と同じようにガラスパネルを採用し、ワイヤレス充電に対応するようだという新情報が伝えられています。

ワイヤレス充電に対応し、見た目は「iPhone 4」シリーズのように?

iphone-4

2018年前半に発表されるのでは?と噂されている次期iPhone SE(仮称:iPhone SE 2)に新たな情報が飛び込んできました。Tekz24によると「信頼できる情報筋」からの情報として、次期iPhone SEには背面にガラスパネルを採用するとのこと。

これによりiPhone XやiPhone 8と同じく、ワイヤレス充電に対応する可能性があるといい、デザインも人気が高くファンが多い「iPhone 4」のようになるといいます。

「iPhone SE 2」の性能は、「iPhone 7」並になる見込み

「iPhone SE 2」のスペックについては「A10チップ」を採用し、RAMは2GB、カメラは1200万画素と、iPhone 7並のスペックになると予想されています。

なお、国内でAppleの情報に詳しい「気になる、記になる…」は、iPhone SEが本当に発売される家はまだ不明であるとし、さらに「Tekz24というサイトの情報の信憑性は不明なので、あくまで噂として話半分で捉えておいた方が良いと思います」と指摘しています。

本当に発売されるのであれば「iPhone 4が超パワーアップして帰ってくる」という感じになって人気が出そうですね……。