NGT48・山口真帆さんが卒業発表 柏木由紀や中井りか、荻野由佳らメンバーのSNSに批判コメント殺到

NGT48・山口真帆さんが卒業発表 柏木由紀や中井りか、荻野由佳らメンバーのSNSに批判コメント殺到

2019年4月22日

昨年12月にファンの男性から暴行れるという被害にあったNGT48の山口真帆さんが4月21日、卒業を発表しました。卒業のあいさつでは「会社を攻撃する加害者だとまで言われています」などと告白。同日に解散となったチームN3のメンバーらのSNSには批判のコメントが殺到しています。

山口真帆さん「会社を攻撃する加害者だとまで言われています」「今の私にNGT48のためにできることは卒業しかありません」

yamaguchimaho
画像は山口真帆さんのTwitterより

昨年12月にファンの男性から暴行されるという被害にあった、NGT48・山口真帆さんが4月21日、卒業を発表しました。

101日ぶりに公の場に登場した山口さんは、公演終了後に「私、山口真帆はNGT48を卒業します」と発表し、社長から「不起訴になったことで事件じゃない」「会社を攻撃する加害者だ」と言われたと告白。

「何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」「今の私にNGT48のためにできることは卒業しかありません」「正しいことをしている人が報われない世の中でも、正しいことをしている人が損をしてしまう世の中であってはいけないと私は思います」と思いを明かしました。

同日、解散したNGT48のチームN3のメンバーがSNSで解散を報告すると、ファンからは批判的なコメントが殺到。

加藤美南の投稿には「NGT終わってるさっさと解散しろ」なんで普通に更新できんの?? 本当に人間なの??」などといったコメントが。

AKB48との兼任が解除された柏木由紀のSNSには「何にもコメントなし、大先輩としての振る舞いではないよね」「まほほんもメンバーの1人なのになんで寄り添ってあげれなかったんですか?」などの声が寄せられています。

中井りかのSNSには「山口さんが卒業して、ホッとしてるんだろうね。良かったですね」「本当に楽しかった?寂しい?」などのコメント。

山田野絵のSNSには「同性としてもアイドルとしても軽蔑します」「体のつながりがあるメンバーだけが残ったのが今のNGTですか?」など、厳しい声が寄せられています。

チームN3の副キャプテンだった荻野由佳のSNSには「本当に無理。気持ち悪い。どういう神経してるの?」「まほほんのことどう思ってますか??卒業してくれて嬉しかったですか??」など批判的なコメントが殺到しました。

荻野由佳はファンとの個人的な交流があったと憶測が広がり、ホリプロは公式サイトで「荻野由佳は、ファンとの個人的な交流は一切行っていません」と否定。「今後、本人の名誉を毀損するような行為があった場合には、当社として厳正な対応をとらせて頂きます」とコメントを発表していました。

(追記)指原莉乃もTwitterで山口真帆さん卒業に言及

(追記2)中井りか、ネットで話題になっている動画について憶測を否定

(追記3)中井りか、「なにもできなくて、本当に心が痛いです」

(追記4)西村菜那子、Twitterで思いを明かし応援コメント続々

(追記5)チームG・副キャプテンの本間日陽も感謝のツイート

(追記)柏木由紀が謝罪「この立場にいながら大きな声を上げることができなくて本当に情けない気持ち」

NGT48・山口真帆さん、卒業のあいさつ全文

私、山口真帆はNGT48を卒業します。皆さんへ今まで黙っていた思いを言いたいと思います。

私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。
だからこそ、このグループに変わってほしかったし、自分がつらかったからこそ、大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないとすべてを捨てる覚悟でとった行動でした。

事件のことを発信した際、社長には「不起訴になったことで事件じゃないということだ」と言われ、そして今は会社を攻撃する加害者だとまで言われていますが、ただメンバーを守りたい、真面目に活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけで、何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました。

目をそらしてはいけない問題に対して、そらさないなら辞めろ、新生NGT48は始められないというのがこのグループの答えでした。

だけど、この環境を変えなければ、また同じことが繰り返されると思い、今日までずっと耐えて最善を尽くしましたが、私にできたことはほんのわずかなことでした。

私には人の命より大切なものが何かはわかりません。
大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になってほしいと心から願っています。

そして、私がこうして世間に発信してからも、寄り添ってくれたのは、玲奈(長谷川玲奈)と、りこ(菅原りこ)と、もふ(村雲颯香)でした。
みんなの今後が決まったらこの発表をすると決めていました。

今の私にNGT48のためにできることは卒業しかありません。
ファンの皆様には本当に申し訳ないと思っています。
たくさんの方が応援してくれて、私のもとには同じような被害にあった方からのメッセージが寄せられ私を見て勇気や元気が出たとおっしゃってくださる方もいました。
ですが、結果的にこのような形になってしまったこと、その方たちの希望もなくしてしまったのではないかと、とても申し訳ない思いでいっぱいです。

正しいことをしている人が報われない世の中でも、正しいことをしている人が損をしてしまう世の中であってはいけないと私は思います。

たくさんの方が私のために自分の時間を削って私のことを支えてくれました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
今後は皆さんご自身のために楽しいことに時間を使い、幸せになってほしいです。
皆さんが私に幸せになってほしいと願ってくれたように、私もそう願っています。

そして私を今まで支えてくださったファンのみなさん、このような形で卒業することになってしまい、本当に申し訳ありません。
以前のように歌って踊って、毎週のように握手会があって、お互いにまたねって言い合いたいのですが、5月5日と6日の握手会で最後の握手会になります。
今までお休みをさせていただいていた握手会も、そこで振替をさせていただきます。
そこでまたねの続きができたら、嬉しいなと思います。
そこでは一緒に夢の話をしましょう。

そして、最終活動日は、玲奈とりこと一緒に、5月18日の卒業公演になります。
ケガで今日の公演に出られていなかったりことリハビリを頑張って、またステージで笑顔で、今度は夢に向かって歩いていく姿を皆さんに見せることができたら、嬉しいです。
私がこれからできることは、今の苦しい姿ではなくて、笑顔で幸せな姿を見せて皆さんに元気を与えることだと思います。

皆さんが私を助けてくれたように、私も困っている人に手をさしのべられる人でありたいなと思います。
1人の人としてまた皆さんに愛してもらえるようにがんばります。

そして今回のことで、NGT48にならなきゃよかったんじゃないかって、思うこともありました。
だけどやっぱりこうしてみんなとステージに立ってみんなで公演をしてファンの方に声援をいただいてメンバーのみんなやファンの皆さんと出会えたことが幸せです。
NGT48になってよかったなと思います。
メンバーのみんなにもファンのみなさんにもこれからの人生屈せず生きて、みんなには笑顔で笑っていてほしいなと思います。

残り1か月もありませんが、最後まで1人の人としてもNGT48として、みなさんに今度は笑顔でまたお会いできたら嬉しいなと思っています。
あと少しの間ですが、どうぞよろしくお願いします。

山口真帆さん暴行事件の関連記事(時系列)