iOS 14とwatchOS 7、バッテリー消費が増えたりデータが取得できない不具合 Appleが対応手順を公開

iOS 14とwatchOS 7、バッテリー消費が増えたりデータが取得できない不具合 Appleが対応手順を公開

iOS 14とwatchOS 7をインストールしたiPhoneとApple Watchで、アクティビティやヘルスケアのデータが欠落したり、バッテリー消費が増える不具合が確認され、Appleが不具合を解消するための手順を公開しています。

iOS 14とwatchOS 7、アクティビティやヘルスケアのデータが取得できない不具合

Apple_delivers-apple-watch-series-6_09152020

iOS 14とwatchOS 7にアップデートしたiPhoneとApple Watchで、アクティビティやヘルスケアのデータが取得できな場合があると、Appleが発表しています。

現在確認されている、不具合は以下のとおり。

  • iPhoneの「フィットネス」アプリで、Apple WatchのGPS対応ワークアウトのルートマップが確認できない
  • 「アクティビティ」などの健康関連アプリで、Apple Watchで起動したりデータを読み込めない
  • 「フィットネス」アプリや「ヘルスケア」アプリが、iPhoneで起動やデータの読み込みに失敗する
  • 「フィットネス」アプリや「ヘルスケア」アプリが、iPhoneで不正確なデータストレージ容量を表示
  • 「アクティビティ」アプリが、Apple Watchで不正確なデータストレージ容量を表示
  • 「環境音」レベルのデータや、Apple Watchのヘッドフォンオーディオレベルのデータが、iPhoneのヘルスケアアプリに表示されない
  • iPhoneやApple Watchのバッテリー消費が増える

これらの問題が発生した場合、以下の手順を行うようにと案内されています。

iOS 14とwatchOS 7で不具合が発生した場合の対処方法

不具合が確認されたばあい、Appleは以下の手順を試すように案内しています。

  1. AppleWatchとiPhoneのペアリングを解除
  2. iCloudの設定を確認してバックアップを作成する
  3. iPhoneからすべてのコンテンツと設定を消去
  4. iPhoneとAppleWatchをバックアップから復元する