新生「MERY」再開、アプリとウェブサイトが公開「嬉しい」「見た目変わってない」

シェア数 アイコン 53

新生「MERY」再開、アプリとウェブサイトが公開「嬉しい」「見た目変わってない」

サービスを休止していた女性向けメディア「MERY」が21日、サービスを再開しました。既にiOS/Androidアプリで閲覧が可能になっており、ウェブサイトでもMERYの閲覧が可能になっています。

新生「MERY」が記事配信を開始、ネットでは喜ぶ声が続出

mery-1
画像はMERYのPC版サイト

2016年に問題となったDeNAのキュレーションメディア騒動から休止となっていた女性向けメディア「MERY」が21日、記事の配信を再開しています。

新生「MERY」はMERYと小学館が運営。旧「MERY」に掲載されていた記事は一切掲載せず、MERY公認ライター(株式会社MERYが採用、教育、研修を行なったライター)が制作した記事を、「校閲」「編集部」の二重チェックをした後に公開します。

mery-2
mery-3
MERYアプリのキャプチャ

また、新機能「BOX」も追加。LOVEした記事を整理したり、BOXをフォローしたりすることで、「好き」を見つけやすくする機能。アプリはiOS/Androidから提供されています。

ネットではMERYのファンだったユーザーから新生「MERY」復活を喜ぶ声が続出しています。

Instagramが提供している埋め込み(Embed)もコメント欄で全て許諾確認

MERYで問題となっていた「画像の使用許諾」問題については、新生「MERY」ではInstagramなどSNSが提供している埋め込み機能(Embed)を利用している場合であっても、コメント欄からユーザーに使用許諾の確認をしているようです。

SNSの埋め込み機能を使う場合、ユーザーがSNSのアカウント開設時に利用規約で同意しているため不要ですが、ここまで徹底するとは……。