次期「iPhone SE」はFaceID搭載はほぼ確定か、発売は9月になる可能性

シェア数 アイコン 48

次期「iPhone SE」はFaceID搭載はほぼ確定か、発売は9月になる可能性

6月に開催される「WWDC2018」で発表されることが期待されている次期「iPhoen SE」ですが、中国メーカーからの情報によると「まだ生産が開始されていない」といい、発売は9月になるようだと、Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)が伝えています。

次期iPhone SE「まだ生産が開始されていない」「発売は9月頃」という情報

iphone-se-rumour-1
画像はBen Geskin氏のTwitterより

Appleが6月に開催する開発者向けカンファレンス「WWDC 2018」で、いよいよ発表されるのではないかと期待されている次期「iPhone SE」。

複数の中国のケースメーカーや保護ガラスメーカーによると、次期iPhone SEの生産はまだ開始されていないといい、6月に発売される可能性は低いと話しているとMacお宝鑑定団 blog(羅針盤)が伝えています。

次期iPhone SEの発売時期については、次期「iPhone X」などが発表されると見られている9月頃になるとのことです。

デザインはまだ確定してない?FaceID搭載は”ほぼ確定”か

iphone-se-rumou
画像はBen Geskin氏のTwitterより

また中国メーカーは「iPhone SE後継モデルの最終デザインは決まっていない」と話しているといい、筐体サイズが同じモデルや6インチモデルなど複数存在しているのだとか。

別のガラスメーカーは、2018年に発売予定のiPhoneのために試作されているガラスは3種類あり、全ての試作品に「TrueDepthカメラ」のためのカットがされているとのこと。

TrueDepthカメラはFaceID(顔認証)にも利用されいるため、2018年に発売されるiPhoneは全てFaceID搭載になる可能性がありそうです。