今年のiPhoneは「iPhone Xs」になる可能性、大型モデルは「Plus」ではなくなる?

シェア数 アイコン 45

今年のiPhoneは「iPhone Xs」になる可能性、大型モデルは「Plus」ではなくなる?

9月に発表されるとみられている新型iPhoneの名称は「iPhone Xs」になる可能性があると、米Bloombergが報じています。iPhone Xsの主な変更点は処理能力やカメラ性能の向上になるとしています。

新型iPhoneは「iPhone Xs」に?処理能力とカメラ性能が向上したモデルに

iphone-X-6

Appleが9月に発表し同月下旬には発売すると見られている新型「iPhone」について、名称は「iPhone Xs」になる可能性があると米Bloombergが報じています。

記事によると「iPhone Xs」の主な変更点は処理能力とカメラ性能の向上で、既報のとおり3つの新型「iPhone」が発表されるとしています。

1つはiPhone Xの後継モデルにあたる5.8インチの有機ELディスプレイを搭載したモデル。もう1つが6.5インチの有機ELディスプレイを搭載したハイエンドモデル、そしてiPhone 8の後継にあたる6.1インチ液晶ディスプレイを搭載したモデル。

iPhone X後継モデルが「iPhone Xs」という名称になるといい、6.5インチモデルは従来の「Plus」の名称ではなくなる可能性もあるとのこと。

Appleは今年は「”S”の年」としているといい、大幅なアップデートがされるiPhoneが発表されるのは2019年を予定しているといいます。

iPhone X 後継モデル「iPhone Xs」(仮称)

  • 5.8インチ/有機ELディスプレイ
  • メモリ(RAM)/4GB
  • Face ID対応
  • デュアルレンズカメラ
  • ステンレス筐体

iPhone X 6.5インチモデル「iPhone Xs Plus」(仮称)

  • 6.5インチ/有機ELディスプレイ
  • メモリ(RAM)/4GB
  • Face ID対応
  • デュアルレンズカメラ
  • ステンレス筐体

iPhone 8 後継モデル「iPhone 9」(仮称)

  • 6.1インチ/液晶ディスプレイ
  • メモリ(RAM)/3GB
  • Face ID対応
  • デュアルSIM対応
  • アルミ筐体
  • 複数カラー展開

新型「Apple Watch」「iPad Pro」に関する情報も

iPhoneの発表と同時に、次期「Apple Watch」も発表されるといい、ベゼルが薄くなりディスプレイが大型になったモデルになるとのこと。

新型「iPad Pro」(11インチ/12.9インチ)も発表され、ホームボタンが廃止された「Face ID」を採用したモデルになるといいます。