新iPad Proは登場するか?WWDC直前、Appleの発表内容を予測

2017年6月5日 シェア数 アイコン 51

新iPad Proは登場するか?WWDC直前、Appleの発表内容を予測

Appleは6日午前2時より、開発者会議(WWDC 2017)の基調講演を行います。「iOS 11」「macOS 10.13」などソフトウェアが発表されるイベントですが、今年は「10.5インチ iPad Pro」や「Siri搭載スピーカー」が搭載すると噂されています。

ほぼ間違いなく発表されるのは「iOS 11」「macOS 10.13」など

Appleは6日午前2時から、WWDC 2017の基調講演を行います。今年はソフトウェアだけでなく、「iPad Pro」なども発表されると予想されているため、期待値は高め。

iOS 11」「macOS 10.13」「watchOS 4」「tvOS 11」などは、ほぼ間違いなく発表さえると見られています。

10.5インチ「iPad Pro」が登場する可能性は高め?

4月にも登場する可能性があると伝えられていた10.5インチ「iPad Pro」がWWDCで発表される可能性は、かなり期待できるのでは。

大きさは9.7インチと同じ程度になると言われていますが、ディスプレイは10.5インチ。ちょうどいいサイズのiPad Proになりそう。

Siri搭載スピーカーが登場するという情報も

Amazon(Amazon Echo)やGoogle(Google Home)に対抗して登場するだろうと言われている「Siri搭載スピーカー」。既に生産を開始したと言われているので、WWDCで発表される可能性はあるのでは?

 

純粋な新製品になる同製品。関連して、Siriについても新しい発表がされるのではと見られています。今回のWWDCで最も注目を集めそうです。(発表されれば)

MacBookのラインナップがアップデートされるかも?

先日は、「MacBook Pro」「MacBook Air」「MacBook」の3モデルが新CPU「Kaby Lake」を搭載するマイナーアップデートすると報じられていました。

ですが、今日になって「MacBook Air」シリーズは製造中止と決まっているという情報も飛び込んできています。新製品が出るにしてもマイナーアップデートになるため、大々的な発表はせず、ひっそりと公開されるのではと見られています。

WWDC 2017の基調講演は6日午前2時から!ライブストリーミングも!

これらの発表がされるとみられているWWDC 2017の基調講演は、6日午前2時より開始。深夜ではありますが、Apple公式だけでなく、生中継やリアルタイム更新をするメディアは多数あります。

まずはApple公式 「WWDC Keynote, June 2017」で見ることができるライブストリーミング。テキストではGIZMODOEngadgetgori.meがライブ更新を行う予定です。

日本語同時通訳の生中継は、今年も「Macwebcaster」が行います。