海賊版サイト漫画村が有料プラン「漫画村プロ」を発表、ネット上で批判の声が殺到

2018年3月5日 シェア数 アイコン 60

海賊版サイト漫画村が有料プラン「漫画村プロ」を発表、ネット上で批判の声が殺到

無料でマンガを閲覧できることで問題視されているサイト「漫画村」が、有料プラン「漫画村プロ」を開始すると発表しています。「漫画村プロ」は追加機能が使えるようになる月額課金モデルとのこと。ネット上では早速批判の声があがっています。

海賊版サイト「漫画村」が有料プランを発表、「ZIPでダウンロード可能」など

mangamura

無料でマンガを読むことができる海賊版サイト「漫画村」が有料プラン「漫画村プロ」を開始すると発表し、ネット上では批判の声が相次いでいます。

同サイトの発表によると「漫画村プロ」は、「全ての広告が排除される」「3人まで同時に使用できる」「画像のダウンロードがZIP形式で可能」「安定したサーバー」「どこよりも安い&全ての漫画が見放題」というメリットがあるとのこと。なお、サービス開始は4〜5月を予定。

漫画村については、漫画家からも批判が相次いでおり、日本漫画家協会も「このままの状態が続けば、日本のいろいろな文化が体力を削られてしまい、ついには滅びてしまうことでしょう」と見解を発表。この問題は国会でも取り上げられ、2月9日の衆議院予算委員会で議論されていました。

また「漫画村プロ」が生まれた背景について「実は漫画家さんが無料で広告してくれたお陰で漫画村のユーザーが2ヶ月で一気に1.8倍になった」と、漫画からの批判によって利用者が増えたと皮肉めいた説明をしています。

「喧嘩売ってる」「豪快すぎる」「あまりにも酷い」と批判が殺到

p>「漫画村プロ」を巡り、Twitterでは「漫画という文化が終わる危機」「酷すぎて泣けてくる」など批判が殺到しています。また「お金払ってるんだから違法ダウンロードじゃないでしょ?」といったユーザーが現れかねないと指摘する声もあがっています。

ちなみに漫画村が広まる以前は「Free Books(フリーブックス)」という海賊版サイトが広く知られており、フリーブックス閉鎖後に「フリーブックスの代わり」として話題になったのが「漫画村」でした。