「開発職ナメてる」「死んじゃうよ」アラサー女子向けファッション誌、着回しコーデが”危険な服装”だと話題

「開発職ナメてる」「死んじゃうよ」アラサー女子向けファッション誌、着回しコーデが”危険な服装”だと話題

アラサー女子向けファッション誌「andGIRL」2019年5月号に掲載されたカーディガンの着回しコーデ企画で、ボール盤の置かれた作業室でのモデルの服装が「開発職ナメてる」と話題になっています。

「加工場で可愛さとか要らない」「白衣もダメ」andGIRLの着回しコーデ企画が危険だと話題

andgirl
「andGIRL」2019年5月号 P113より

突拍子もない設定やストーリーで注目されることの多いファッション誌の着回しコーデ企画ですが、「andGIRL」(2019年5月号)では、内容ではなく服装が危険だと話題になっています。

話題になっているのはカーディガンの着回しコーデ企画。モデルの女性は美容系家電メーカーに勤務するリケ女OLという設定で、問題となっているのは「ガテン系な現場も可愛く女らしく♡」という作業室での一幕。

写真には作業室に設置されたボール盤で作業する女性と白衣を着た男性、カーディガンを肩にかけたまま、なにかの工具で「ギョルルルル」と作業している様子が確認できます。

Twitterでは「今月のandGIRLが開発職ナメてる件」という投稿が注目を集め、あまりにも場に適さない服装だと指摘が殺到。「KYT(危険予知訓練)の新たな教材か」などと揶揄する声もあがりました。

「率直に言うと『ああ、殺すまでもない、勝手に死ぬ』です」

同じ指摘をした別のユーザーは「現場系女子のみんな〜〜!!!こめかみの血管が切れそうな案件が来たよ〜〜!!! 」と投稿。先の投稿と同じく「機械に巻き込まれて死んじゃう」と危険を指摘する声が殺到しています。

こういった作業場では、機械に巻き込まれないように裾はヒラヒラしない服(作業服)を着用し、長い髪は束ねる、靴も安全靴などを着用する、といった服装が基本。

ファッション誌の企画だとしても、もう少し安全への配慮があっても良かったような気がしますね。そもそも男性はなぜボール盤の作業で白衣……。何を作っている会社なんだろう。