食べ歩きの達人が選ぶ「東京の羊肉料理」10選

シェア数 アイコン 208

食べ歩きの達人が選ぶ「東京の羊肉料理」10選

食べ歩きの達人ことタベアルキストが「リピートしている」「人に教えたくなる」の2つの視点でお店を厳選。今回は「東京の羊肉料理」10選をご紹介します。

ジンギスカンだけじゃない!中国料理からラーメンまで「羊肉(ラム)」を堪能できる東京のお店

一昔前までは苦手な人が多かった羊肉。しかし、ジンギスカンブームの影響から羊肉への抵抗が無い人が増え、羊肉消費量は年々増加しつつあるようです。

近年ではジンギスカンに留まらず様々な羊肉料理のお店が誕生し、「羊齧協会」という羊肉文化の普及を目論む組織も出現し、市場は急成長しております。

Tabearuki lamb

「羊肉はヘルシー」というイメージや、「羊肉はパクチーと相性抜群」など、過去とは異なる文脈で語られるようになり、今後も羊肉が浸透していくことは間違いないでしょう。

お店のジャンルを並べると、羊の丸焼き、羊の網焼き、インド料理、中国料理、地中海料理、ラーメンと、バリエーション豊かです。

1 聚福楼(池袋)

【丸焼き】

聚福楼

都内屈指のコストパフォーマンスを誇る、個性的な羊焼肉店。ボリュームの割に羊特有の匂いが控えめで、苦手意識を持っている人でも頂けるところが魅力。届いた時に、歓声を上げない人はいないであろう。

2 カマルプール(木場)

【ラムミックス】

カマルプール

大人気を博すインド料理酒場。多様なメニューの中でも、羊肉をタンドールで焼いたラムミックスはインド料理マニアから絶大な支持を得ている。柔らかく、ジューシーに焼き上げており、爽やかなスパイス使いは白眉。

3 まえだや(中目黒)

【ラム肩ロース網焼き】

まえだや

ラムの醍醐味を味わえる逸品。オーストラリア産ラムの程良く脂が残った生肉を使用し、炭火を使用した網でさっと炙れば、食欲をそそる肉汁が浮き出す。 そして、シンプルに塩胡椒で食せば、赤身の旨味と適度な羊肉らしい香りを存分に楽しむことができる。

4 味坊(神田)

【ラム肉の焼き餃子】

味坊

中国、東北地方 羊料理メインの中華料理店。 クミンを効かせた羊串も捨てがたいが、やはりここに来たらラム肉を使った餃子をおススメしたい。 ラム肉を使った餡は豚と違って脂っぽくなくあっさりで、クセがなく旨みに溢れている。

5 メンショートーキョー(後楽園)

【ラムつけ麺】

メンショー トーキョー

ありそうでなかった、羊出汁のラーメン。こちらでは豚骨とハイブリッドし、羊の良い部分を残しつつ、幅広い人が美味しく食べられるよう工夫されている。メニューの中でも食感豊かな太麺で頂く、つけ麺がオススメ。

6 ひつじの新町や(越中島)

【羊肉の煮込み】

ひつじの新町や

信州産サフォークを使用した羊肉の煮込み。 筋を丁寧に切り落とし、酒と生姜で細かいアクを丁寧に取り除きながら長時間かけて仕込まれています。 様々な羊肉の部位の旨みが凝縮されており、味噌の濃厚な旨味も相まった深みのある癖になる味が楽しめる。

7 ラヒ パンジャービー・キッチン(西荻窪)

【マトントリップカレー】

ラヒ パンジャービー キッチン

パキスタンのパンジャーブ地方の家庭料理をウリにしている店。スパイスと辛さが良い塩梅に効き、羊のモツはプリプリと歯ごたえが良く旨味を蓄え噛む度に幸せ。甘酸っぱく、そして意外と油っぽくないカレーです。

8 アーンドラダイニング(銀座1丁目)

【ラムチョップ】

アーンドラ ダイニング 銀座本店

アーンドラ・プラデシュ州の料理を提供するお店。予想外に大きなポーションで出てくる羊肉にテンションが上がります。 スパイシーな風味は食欲を刺激し、中はしっとりジューシー。

9 ハンニバル(大久保)

【タジンアルーシュ】

ハンニバル

ハーブやスパイスを加えたラムのミートボールを野菜やドライフルーツとともにタジン鍋で煮込んだ地中海料理。ラムの旨味が力強く、ドライフルーツや野菜がその旨味に奥行きを与えている。オリーブも味のアクセント。

10 Bistro ひつじや(代々木)

【ひつじのタタキ】

Bistro ひつじや

羊のレアステーキをはじめ、シシカバブやスペアリブなど様々な羊料理を楽しめる多国籍料理店。特にひつじのたたきは、羊肉の風味を最大限に引き出している魅力的な逸品。 お酒を含めて素晴らしいコストパフォーマンスなので夜の予約は必須。

食べ歩きの達人が紹介するお店10選シリーズ 一覧

配信元:Tabearukist Association / gooランキング