次期iPhoneは大型モデルや安価モデルが追加、ゴールドも復活か

シェア数 アイコン 39

次期iPhoneは大型モデルや安価モデルが追加、ゴールドも復活か

次期iPhoneについての情報が徐々に固まりつつあるようです。Bloombergの報道によると、これまで伝えられてきた情報とほぼ一致。次期iPhoneは3機種が発表され、「iPhone X Plus」とされる6.5インチモデルが追加されるとのことです。

今年のiPhoneは「iPhone X後継」「大型iPhone X」「安価モデル」の3種か

iphone-x
iPhone Xの後継&大型モデルが登場か

Appleは年内に3機種のiPhoneを発表する予定であり、これまでで最大のディスプレイサイズになるモデルや安価なモデルなどを発売すると、Bloombergが報じています

発表されるとされているのは「iPhone Xの後継モデル」「iPhone Xの大型モデル」「安価モデル」の3つ。「大型モデル」はiPhone 8 Plusの本体と同じサイズ。iPhone XのようにOLED(有機ELディスプレイ)を搭載した6.5インチモデルになるとのこと。

「後継モデル」はより高価な有機ELディスプレイを採用する見込み。「安価モデル」はiPhone 8のようなアルミ筐体&背面ガラスを採用したLCD(液晶)モデルで、Face IDを搭載しTouch IDは排除されるとのこと。

「ゴールド」が復活?「デュアルSIM」対応も検討中か

また生産上の問題から廃止されていた「ゴールド」モデルの復活も検討。大型モデルのみ「デュアルSIM」も検討されており、Appleはe-SIMを提供したいと考えているようですが、キャリアは難色を示しているようです。

iPhone-SE-3
現在の安価モデル「iPhone SE」

1月に報じられたKGI証券のアナリスト・Ming-Chi Kuo氏による予測では、2018年に登場するiPhoneは「LCDディスプレイモデル」の6.1インチモデル、「OLEDディスプレイモデル」の5.8インチ/6.5インチモデルの3種。「デュアルSIM・デュアルスタンバイ」に対応する可能性も予測されていました。