FacebookのOGPタグがうまく読み込めていない時はDebugger(デバッガー)を使ってみると解決しますよ

2013年4月29日 シェア数 アイコン 107

FacebookのOGPタグがうまく読み込めていない時はDebugger(デバッガー)を使ってみると解決しますよ

@JUNP_Nです。FacebookのOGPタグは更新しているのに、更新結果がFacebookにちゃんと表示されなくて困ったことはありませんか?そんな時はDebuggerというツールを使うと解決しちゃいますよ。

Facebook側のキャッシュを削除してリフレッシュすることができるDebugger

Webservices facebook debugger

Debuggerは本来はOGPタグの正当性を診断するためのツールです。サイト側でOGPタグを入れなおした時など、すぐに変更を確認したいという時は過去のコンテンツのURLをFacebookに投稿(シェア)しようとしても変化すぐに確認することはできません。

Facebook Developer Toolsで提供されている「Debugger」を使うと、Facebook側でキャッシュしている情報をリフレッシュしてくれるのでOGPの変更などもすぐに確認することができます。

Webservices facebook debugger 1

デバッガー – Facebook開発者

OGPがうまく反映していないな…と思ったらまずはデバッガーにURLを入力してみましょう。

特にブロガーさんなどでFacebookの予約投稿(アクティビティログ)を利用してURLをシェアしている人は注意です。

以下の様な面倒なことになるので気をつけましょう。

Facebookページへ予約投稿をする際に記事URLを入力 → そのタイミングでFacebookがクロールして記事を確認 → 記事が後悔されていないからFacebookはOGPを確認できない → 確認できなかったというキャッシュを残す → しばらくキャッシュが残る → 他のユーザーがURLを投稿しようとしてもアイキャッチや記事タイトルが読み込まれない

予約投稿をした場合は後でちゃんとOGPが読み込まれているか確認しておいた方がいいですよ!