水遊びは要注意!乳幼児は溺れる時「叫びません」「静かに沈む」と注意喚起

シェア数 アイコン 58

水遊びは要注意!乳幼児は溺れる時「叫びません」「静かに沈む」と注意喚起

長野県佐久医師会が運営するTwitterアカウント・教えてドクター佐久が「4歳児がプールで溺れ亡くなる痛ましい事故が起きました」とする注意喚起し、その内容に注目が集まっています。

乳幼児が溺れる時に、大きな音を出して騒ぐということは想像の中だけ

mizuasobi

長野県佐久医師会が佐久地域で行なっている行なっているロジェクト「教えてドクター!」のチームが運営するTwitterアカウント・教えてドクター佐久(@oshietedoctor)の投稿が注目を集めています。

同アカウントが3日、「4歳児がプールで溺れ亡くなる痛ましい事故が起きました」「水遊びが増える時期なので改めて」と、乳幼児が溺れてしまった時の状況について注意喚起を行なっています。

乳幼児の不慮の事故で2番目に多いのは「溺水」だといい、溺れる時は映画の中のように「大きな音」や「さわぐ」といったことはなく、「静かに」「誰も気づかない」うちに溺れるのだそう。

隣の部屋にいるから大丈夫〜など、「音でわかると思ったら大間違い」、浮き輪を過信しないなど、必ず近くで見守りをすることが重要だと注意を呼びかけています。

ネット上では実際に体験したという人からの経験談や、「知らなかった」などといった声が寄せられていました。

「教えて!ドクター」はアプリでも情報を配信中

今回注目を集めた「教えて!ドクター」はiOS/Androidアプリも配信中。子どもの症状や病名から、受診のタイミングなどを教えてくれるアプリとなっています。

アプリは長野県佐久医師会を中心に、小児科医が全面的に制作監修を行なっているとのこと。子育て中のパパママだけでなく、小児医療に関わる人にもオススメだそうです。

アプリアイコン

教えて!ドクター

カテゴリ
メディカル, ヘルスケア/フィットネス
販売元
SAKU ISHIKAI, GENERAL INC. ASSOCIATION