「iPadOS」でiPadがマウスに対応!Magic TrackpadもOK――iOS 13でiPhoneでも使用可能

「iPadOS」でiPadがマウスに対応!Magic TrackpadもOK――iOS 13でiPhoneでも使用可能

Appleは6月4日(日本時間)、WWDC 2019を開催。次期iOSとして「iOS 13」を、iPad向けOSとして「iPadOS」を発表しました。これらをインストールしたiPhoneやiPadでは、アクセシビリティ機能の1つとしてマウスが使えるようになっています。

ついにiPadでマウスが使えるようになるぞ!

Apple_iPadOS_Today-View-Dark-Mode_060319

Appleは6月4日、WWDC 2019を開催。次期iOSとして「iOS 13」、またiOSから独立したiPad向けOSとして「iPadOS」を発表しました。

以前から「次期OSのアップデートでiPadがマウスに対応する」という情報はありましたが、iPadOSの開発者向けベータ版を試してみたというゲーム開発者Steve Troughton-Smith氏が、マウスで動作したことを報告する動画を公開しています。

Steve Troughton-Smith氏によると、この機能は設定アプリ内の「アクセシビリティ」から設定できる「AssistiveTouch」から利用できたとのこと。

またマウスだけでなくMagic Trackpadも動作することも確認されています。

マウスの動作が確認できたのはUSB接続のみだそうですが、「AssistiveTouch」のデバイス選択画面では「Bluetooth Device」という項目も存在するので、正式版ではBluetooth接続したデバイスでの操作も対応する可能性があります。

iPhoneでもiPod touchでもマウスが使えるぞ!

またiOS 13をインストールしたiPhoneやiPod touchでもマウスが動作することが確認されています。

なおiOS 13でマウスを接続した場合、右クリックは動作しないようですが、スクロールホイールは動作するようです。