「君の名は。」風の加工ができるアプリ「Everfilter」、著作権問題で謝罪 → アプリの配信停止へ(追記あり)

@JUNP_Nです。先日から話題になっている、「君の名は。」のような新海誠監督の作品風の写真加工ができるアプリ「Everfilter」ですが、著作権問題について運営元が謝罪文を発表しています。

「中国国内のライセンスはあったが、誤って海外版にも使用してしまった」

Everfilter

Twitterを中心に人気になっていた、新海誠アニメ風の写真加工ができるアプリ「Everfilter」ですが、一部のユーザーから「作品を無断で使用しているのではないか?」という指摘があがっていました。

左が元写真、右が「Everfilter」で加工した写真。

Iphoneapp everfilter copyright 1 Iphoneapp everfilter copyright 2

まるで「君の名は。」など、新海誠作品のような印象に。

この件について、Everfilterの運営元「TopBuzz」がアプリ内の著作権上の問題について謝罪文を発表。謝罪文によると「中国国内の使用に関しては著作権者よりライセンスを受けていたものの、誤って海外版にも使用してしまった」とのこと。

また、「使用をすぐさま停止し、著作権元である新海誠様へのご連絡もさせていただきました」と説明しています。記事執筆時に公開されているiOSアプリ「Everfilter」はバージョン1.1.0。

特別なアップデートは提供されておらず、AppStoreでの配信も継続されており、変わらずに利用することができています。

電話番号など、必要のない情報へのアクセス権限についても謝罪

著作権問題とは別に「必要のない情報に関するアクセス権限の許可」についても謝罪文を発表。こちらについては開発側のSDKの誤用であったと説明しています。

人気のアプリだけに、今後も無料で提供され続けるのか、配信停止となるのか動向が気になるところです。

【追記】ねとらぼの取材に対し、新海誠監督の所属する会社は「認めてない」

ねとらぼが、新海誠監督が所属するコミックス・ウェーブ・フィルム(CWF)に取材を行ったところ、同アプリに対しての使用許可は与えていないとのこと。

CWFはねとらぼの取材に、「(アプリで加工された画像は)数日前からツイートなどで見かけて把握していたが、あくまでも自動生成されているものだと思っていた」という。

(中略)

少なくともCWF側から許可は与えておらず、東宝も含めどういう経緯で「中国国内ではライセンスを受けていた」と説明しているのかを調査しているとのこと。新海監督へ連絡しているとの記述もあったが、Facebookに掲載された謝罪文と同様の内容で差出人の名前も企業名もないメールが届いただけで、本当に開発元からのメールなのか困惑していると明かした。

ねとらぼの記事はこちら ▶ 画像盗用で謝罪した「君の名は。」風写真加工アプリ「Everfilter」 新海誠監督の所属事務所は「許可を与えていない」 – ねとらぼ

【追記2】アプリの配信が停止されました

Everfilterの運営元である「TopBuzz」がアプリの配信を停止したと発表。著作権問題となるコンテンツは一切使用されていないとしながらも、お詫びと反省を表して配信を一時停止するとのこと。

現在Everfilterサービスには、著作権問題となるコンテンツは含まれておりませんが、皆様に多大なご迷惑をおかけしたお詫びと反省を表し、App Store及びGoogle PlayでのEverfilterの配信一時停止を決定致しました。

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング