ポケモンGO、位置情報偽装やチートツールを利用していたアカウントを永久に停止

シェア数 アイコン 66

ポケモンGO、位置情報偽装やチートツールを利用していたアカウントを永久に停止

@JUNP_Nです。ポケモンGOのサーバーに不正アクセスしていた外部ツールについては、アクセスを制限するという対応を行っていましたが、今度は位置情報偽装などの利用規約に違反したアカウントを凍結したと発表されています。

ポケモンGO、不正なアカウントを凍結(垢BAN)を実施したと発表

Pokemon go

ポケモンGOの公式サイトより「アカウント停止に対する申し立て」が発表されています。発表によると、不正な利用をしていたアカウントを永久に停止したそうです。

現在ログインいただいているアカウントについて、 Pokémon GO利用規約の違反が確認されましたので、永久に停止いたしました。

今回、永久停止されたアカウントは、位置情報の操作、エミュレータの使用、改造・非公式ソフトウェアの使用、サードパーティーソフトウェアを使用したポケモンGOへの不正なアクセスなどが含まれているそうです。

アカウントを永久停止されないために「Pokémon GOトレーナーガイドライン」を確認しよう

ポケモンGOの利用規約で規定されている「禁止される行為及びユーザーコンテンツの内容」は「Pokémon GOトレーナーガイドライン」に記載されています。アカウント停止されても、知らなかったでは済まないので確認しておきましょう。

不正行為(チート): 不正行為はやめましょう。フェアなプレイをお願いします。Pokémon GO はモバイルデバイスでプレイでき、あなたを外の世界に誘い、世界を発見させるよう作られています。残念ながらチートの手段は次々に生み出されますが、少なくとも以下のものを含みます。変更を加えた、また非公式のソフトウェアを使用すること。複数アカウントでプレイすること。(1プレイヤー 1アカウントでお願いします。)アカウントの複数人での共有。位置情報を変更したり操作したりするツールや技術の使用。アカウントの販売や交換。もし不正行為の疑いがある方を発見した場合は、ヘルプセンターから連絡してください。

ポケモンの個体値を調べるためにGoogleアカウントでログインを求めてくるようなツールがありますが、これらもアカウント停止の対象になる可能性もありそうです。

少し不安なのが、複数端末で「ポケモンGO」をプレイする行為が不正行為にあたるのか?という点。これも不正行為と言われたらちょっと困る人がでてきそうですね。