myThingsの「ボタンを押したら◯◯する」という新機能が便利そう!近日中にApple Watchからワンタップで色々できる!

@JUNP_Nです。「◯◯をしたら☓☓をする」という、何かをトリガーにしてアクションをするというサービス「myThings」が最近はもの凄く進化してきています。つい先日も「ボタン」というトリガーが作成可能になったことで、できることが増えてきていたのでご紹介します。

ボタンを押したら「ツイート」「いつもの買物」「Slackへ投稿」「メール送信」など色々できる

「◯◯をしたら☓☓する」という、「何かをトリガーにしてアクションをする」ことが可能になるウェブサービスを知っていますか?

Mythings button

インターネットやウェブサービスが好きな人は「IFTTT」を思い浮かべるかと思います。Yahooが提供するサービス「myThings」というサービスでも似たようなことができるって知っていました?

myThings

myThings

  • カテゴリ : ユーティリティ , 仕事効率化
  • 販売元 :Yahoo Japan Corp.

実際に、どちらが便利かというと甲乙つけがたく「IFTTT」は連携できるウェブサービスやIoTの数が圧倒的に多いのが魅力(現在309種)ですが、日本人向けでないものが多いという難点も。その点、「myThings」は日本人向けのサービスが多いので使いやすいという特徴があります。

具体的に何ができるかというと「朝の天気が悪かったら、iPhoneにプッシュ通知してくれる」とか「タスクを追加したらSlackへ自動投稿」とか「YouTubeに作業用BGMが追加されたらPocketに保存する」とか、組み合わせ次第で色々なことができます。

そんな便利そうな「myThings」が新しいトリガーとして「ボタン」をリリースしました。これが意外と便利そう。

Mythings button 1 Mythings button 2

試しに「ボタンを押したらツイートする」(ボタンを押すとツイートされるかテスト)というメニューを作ってみました。

Mythings button 3 Mythings button 4

作成するとアプリ内にボタンが表示されるので、押してみます。

Mythings button 5

当たり前ですが、ちゃんとツイートされました。これは色々なことができそう…!!

ボタンに対してどんなアクションをつけるかは悩みどころですが、定期ツイートや定期メールなどが一番使いやすいかも。「今、駅についたよ」ってメールするとか、ボタン1つ。

しかも、この「ボタン」が近々Apple Watchに対応する予定だそうです。つまり、Apple Watchで画面をタップするだけで買物やメール、Twitterへ投稿など色々なことができるようになります。

運動不足や健康管理をしたいという人は「UP by Jawbone」との連携がいいかも

先日、JawboneからUP2を提供していただいたので数週間試しに利用しているのですが、久しぶりに着けると良い点がいくつか見つかりました。実は初代モデルは購入して愛用していたのですが、すぐに壊れてしまってJawboneはあまり信用していないのですが…。

UP2は最新モデルではありませんが、Apple Watchよりも電池が圧倒的に長持ち。できることは運動量と睡眠時間の記録だけというシンプルさ。だけど、それだけで十分です。

「あ、今日はちょっと運動不足だな」とか「ちょっと睡眠時間が短いな」なんてことが簡単にわかりますし、「myThings」と組み合わせると、そんな自分の生活のだらしなさをTwitterへ自動投稿させてしまうことも可能。

Mythings button 6

myThings」を使えば「毎朝、架空の幼なじみがメッセージで起こしてくれる」ということも。

1万円以内で購入できますし、夏までにダイエットを!と思っている人は、一度使ってみるのもいいかもしれません。

でも、先日新製品が発表された「Fitbit」も外せないよね…と考えた人。「Fitbit」も「myThings」に対応してますよ!

是非、「myThings」とあわせて使ってみてください!

SOURCE:myThings公式組み合わせアイデアブログ

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング