熱中症対策や応急処置をまとめたパンフレットが話題、環境省の熱中症予防サイトにも注目集まる

シェア数 アイコン 149

熱中症対策や応急処置をまとめたパンフレットが話題、環境省の熱中症予防サイトにも注目集まる

総務省消防庁は18日、7月9日~7月15日までの全国の熱中症による救急搬送人員は9,956人になったと速報値を発表しました。ネットでは熱中症の応急処置のポイントや予防についてのパンフレットや環境省の啓発サイトに注目が集まっています。

熱中症で搬送9,956人に、佐久医師会の熱中症啓発パンフレットが「わかりやすい」と話題に

Heatstroke

総務省消防庁は18日、7月9日~7月15日までの全国の熱中症による救急搬送人員は9,956人になったと速報値を発表しました。うち189人が重症、12人が死亡したということです。

300709 sokuhouti
画像は総務省消防庁より

NHKなどによると18日は岐阜県多治見で、2013年以来5年ぶりに「40度」を観測。気象庁によると19日も広い範囲で35度を超える地域があり、熱中症には引き続き注意が必要な状況です。

そんな中、Twitterでは長野県佐久医師会が配布している「熱中症」啓発パンフレットがわかりやすいと注目を集めていました。

パンフレットには佐久医師会が運営する「教えて!ドクター」で配布されているもので、熱中症の症状のポイントや応急処置の方法などがわかりやすくまとめられていいます。

201808necchuP 1
画像は一般社団法人長野県佐久医師会/教えて!ドクターより

Twitterでは話題になっていませんでしたがパンフレットはもう1枚あり、こちらでは予防のポイントがまとめられています。

熱中症は屋内であっても発症することがあり、元介護支援専門員(ケアマネジャー)としては高齢者のひとり暮らしはこの時期かなり心配。

201808necchuP 2
画像は一般社団法人長野県佐久医師会/教えて!ドクターより

クールビズの普及で環境省は「エアコンは28度」を推奨していると間違った認識をする人も多いですが、クールビズで呼びかけているのは「室温28度

エアコンの設定温度を28度にしろとは言っていません。部屋が暑かったらエアコンの設定温度は28度より下げましょう。

環境省熱中症予防情報サイトも注目を集めています

雲研究者、気象庁気象研究所予報研究部第三研究室研究官の荒木健太郎さん(@arakencloud)が「熱中症の応急処置を知っておいてください」というコメントともに、環境省熱中症予防情報サイトのURLを投稿し、こちらも注目を集めています。

荒木さんは「特に住宅での高齢者の熱中症、幼児の熱中症に要注意です」と注意を呼びかけ、「適切に対策すれば防げます」とコメントしています。

Heatillness checksheet
画像は環境省熱中症予防情報サイト/熱中症環境保健マニュアルより

環境省は一般向けのリーフレットだけでなく、保健活動にかかわる人向けの「熱中症環境保険マニュアル」や、イベント主催者や施設管理者向けの「夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン」なども配布しています。