iPhoneライフが超捗るぞ!多くのWebサービスと連携できるIFTTTにiPhoneアプリが登場!

ifttt_app

@JUNP_Nです。1つのアクションで複数のWebサービスへ操作をすることができるIFTTTにiPhoneアプリが登場!これはiPhoneライフがさらに捗る予感。試しに写真を撮影したら自動でFlickrに送ることができるようにしてみました!

IFTTT 1.0(無料)


App

写真を撮ると自動でFlickrへアップロード!他にもFacebookへ投稿やTwitterへ投稿など可能性は無限大!

無限大はちょっと言い過ぎた感もありますが、iPhoneアプリのIFTTTが登場したことでiPhoneでの行動を起点にした各種Webサービス連携が可能になりました!

男子ハックでも過去2度ほどiFTTTを使った便利な連携を紹介してきました。

ネット大好き!という人への認知は高いですが、一般的には認知が少ないWebサービスのハブとなるWebサービス「IFTTT」

1つのWebサービスでのアクションを起点に別のWebサービスのアクションを発生させるという神がかったサービスです。

例えば例に挙げられてチュートリアルで表示されるのはInstagramで撮影した画像をDropboxへ自動的に保存するレシピ。

Ifttt app 1

IFTTTの中では1つ目のWebサービスででのアクションを「Trigger(トリガー)」と呼びます。この度iPhoneアプリがリリースされたことで、トリガーにiPhoneでのアクションを追加することができるようになりました。

Ifttt app 2

例として表示されているのが、カメラロールへ保存→Flickrなどです。

Ifttt app 3

というけで早速iPhoneアプリ「IFTTT」でカメラロールへ保存した画像をFlickrへ自動転送するように設定してみました。IFTTTのアカウントを持っていない人もiPhoneアプリからアカウント取得は可能です。

Ifttt app 4

新規レシピを作ることも、今まで作成したレシピを確認/編集することができます。まずはトリガーに写真を追加してみます。

Ifttt app 5

写真のどの動作をトリガーするか選択しないといけません。新しい写真が追加された時なのか、フロントカメラで撮影した写真だけなの、などなどやることは盛りだくさん。

Ifttt app 6

まずは写真へのアクセスを許可してあげます。すると画面変移があった後に写真アプリに入って売る0時をの見直しも必要ですね。

Ifttt app 7

続いて同様にFlickrのアカウントと紐付けます。これだけで完成です。

Ifttt app 8

バックグラウンドでの動作で写真を撮影したら…というレシピにしておくなら設定項目からバックグラウンドでの動作を許可しておく必要があります。

Ifttt app 9

たったこれだけでIFTTTを使ったiPhoneライフは捗りそう!

無料アプリなので、使ったことがない人は是非お試しください!

IFTTT 1.0(無料)


App

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング